新エネルギー最先端都市をめざして

風と燃料電池で築く温暖化対策最先端のまちづくり

風で起こした電気で水を分解し水素を取り出し、その水素を燃料電池に供給することで、熱・電気を安定的に得る…。我々はこの夢のようなシステムを市民憩いの場である稚内公園ゲストハウスにて現実のものとしました。現在は、このゲストハウスを「新エネルギーサテライト」と命名し、小中学生の環境総合学習や市民に広く開放しています。

詳しくはこちら

大規模太陽光発電を稚内の大地で

日本初のメガワット級大規模太陽光発電の誘致にとりくみ、平成18年にそれを現実のものとしました。我々は、こうした新エネルギー導入による二酸化炭素削減はもちろん、売電益等を基金とした市民による更なる温暖化対策推進をも目標としています。この大規模太陽光発電は、市民を巻き込んだ温暖化対策最先端都市「稚内」のまちづくりの一歩ともいえます。

詳しくはこちら

地球環境を考える市民のまちを目指して

「温暖化対策によるまちおこし」を進めていく上では、ひろく稚内市民に温暖化対策への関心を持ってもらうことが必要です。そこで、温暖化対策に貢献できる情報発信の拠点として、「風のがっこう稚内」を設立しました。地球環境を考える市民のまち「稚内」を目指して、温暖化対策・新エネルギー、そして稚内の可能性を発信しています。

まちづくりビジョン
まちづくりビジョン
燃料電池システムを使ったエコ足湯
燃料電池システムを使ったエコ足湯

私たちが目指す稚内は、単なる見物客が訪れるだけの新エネルギーモデルタウンではありません。新エネルギーを導入することだけが最終目的でもありません。新エネルギー関連産業が地域に根付くことこそがわれわれの目的なのです。

雇用が生まれれば、人は自然に戻ってくる、そして、それが地球環境・温暖化防止に貢献する仕事であれば働く誇りと喜びが生まれるでしょう。

わたしたちが目指すまちづくりは、ここに住む人々が「地球環境に優しい暮らし」と「心の豊かさ」を実感できる新エネルギー最先端都市としての地域の再生なのです。

今、日本の最先端のまちがこんな夢を抱いて動いていることを、お伝えしたいと思います。

稚内新エネルギー研究会

本部
〒097-8686
北海道稚内市中央3丁目13番15号 稚内市総務部地域振興課
TEL:0162-23-6161 / FAX:0162-23-3281
事務所
〒097-0011
北海道稚内市はまなす3丁目2-15
TEL:0162-33-4055 / FAX:0162-33-4055

お知らせ

  • イベント開催情報
  • 新着・更新情報
2012年2月20日

「ほっかいどう新エネルギー導入セミナー」の開催について

日頃より、新エネルギーの推進にご協力いただき、ありがとうございます。道では、道内における新エネルギーの導入促進を図るため、標記セミナーを別紙のとおり開催いたしますので、お知らせいたします。
なお、参加申し込みにつきましては、下記の申し込み先までお願いします。

問合せ先・お申し込み先
株式会社北海道二十一世紀総合研究所(本事業委託先)
調査研究部(担当:西谷)

〒060-8640
札幌市中央区大通西3丁目 北洋ビル6F
TEL 011-231-3053 FAX 011-231-3143


2011年9月

『平成23年度 日本太陽エネルギー学会・日本風力エネルギー協会
合同研究発表会』
講演発表 9 月21 日(水)、22 日(木)
見学会 9 月20 日(火)


2011年5月27日
『平成23年度 通常総会開催のお知らせ』
稚内市立図書館 多目的ホール 18:30より

イベント開催情報一覧へ

2011年05月24日
ホームページをリニューアルいたしました。
2008年7月
東国原宮崎県知事 稚内へ
2008年5月
G8環境大臣会合2008.5.23環境フェアーin神戸
2006年
クールビズコレクション

新着・更新情報

  • 稚内市
  • 稚内北星学園大学
  • 今日が変わる。日本が変える。チャレンジ25
  • 全国建産連 社団法人全国建設産業団体連合会
  • NEDO 独立行政法人新エネルギー産業技術総合開発機構